スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災のじーじ宅へ

ハルPaPaです。
震災以来、手に入らなかったガソリンをやっと昨日給油できました。

なので今日は、ボクの実家の茨城県日立市に行って来ました。
日立市は、震度6強の揺れにみまわれて未だにJRも復旧できないでいます。
先日、やっと常磐道が応急で復旧しましたがガソリンが購入できず、駆けつけられないでいたのです。

もちろん電話で両親の無事は確認していました。
実家は、丘の斜面にある団地の一画なので、幸い津波の被害は無く家屋は無事らしいとのことですが、震災時は家の中に食器類が散乱し、庭は植木やブロック塀の一部が倒壊して大変だったらしいです。
ガス、電気は早めに復旧したらしいのですが、水道が中々回復せずに近所の井戸水で急場をしのいでいたとのこと。
我が親ながら、タフだな~と改めて敬服しちゃいました。

ということで、常磐道をいざ北上です。
高速は開通したとはいえ速度制限されており、路面も所々補修されていてゴツゴツとした感触で乗り心地は悪かったです。
日立北ICで下車したのですが、道路下を通るJR常磐線には電車が取り残されていました。
目を凝らして見ると線路が湾曲しているようです。
今更ながらすごい揺れだったのですね。

おきざりの電車
<撮影:Pentax K-7 & DA18-55mmWR>

実家に近づくと屋根が壊れたり塀が倒壊した家やアスファルトが地割れした路面が目立つようになり、心配が深まりましたが、奇跡的に実家の建物は無事でした。
庭も家の中もすっかり片付けられており、いつもの日常を取り戻しているようで安心しました。

大騒ぎだったのは我らがハル君です。
実家前に車を停めると、もうここが何処だか理解しているようで"早く降ろせ~"と鳴きまくりです。
その声を聞きつけて、じーじが現れると千切れんばかりの尻尾フリフリです。

じーじにおねだり
<撮影:Pentax K-7 & DA18-55mmWR>

その後は、ご覧のようにじーじとばーばに甘え放題・・・

ばーばのひざで
<撮影:Pentax K-7 & DA18-55mmWR>

ボクも両親があまりにも普通なので、いささか拍子抜けしてしまいました。
やっぱり昭和初期生まれは、たくましいのでしょうか?

一応、差し入れとしてコストコでインスタント食品を買いこんで持ってきたのですが、帰りにかやくご飯やらぼた餅やらを持たされちゃいました。
災害見舞いに来て、お土産をもらうって何だか変な気分です。

一番ゴキゲンだったのは、ハル君かもね。

では、また・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。